農園紹介

ごあいさつ

ごあいさつ

しあわせ果実 作り続けて 一世紀
福島県白河市は東北の最南端にあり、かつて奥州三関の一つ白河の関がおかれ、みちのくの玄関口として知られました。
また日本の100名城に数えられる小峰城や松平定信が建造した日本最古の南湖公園があります。
北條(ほうじょう)農園は福島県白河市で明治39年に農業と畜産をサイクルする循環型農業からはじまりました。
果樹の経済寿命は20~30年と言われていますが、梨やぶどうの樹では樹齢100年を超えるものが未だに残っています。
効率だけを考え切り捨てるのではなく、農園と共に生まれ生きている樹を大切にしています。
今は梨、りんご、桃、ぶどう、キウイの6種類50品種以上を有機肥料低農薬で、米を特別栽培しており、歴史の重みを感じつつ、
常によりよい技術、農法、品種を模索しています。
大きな困難に絶望することもありましたが、たくさんの方に支えられ、人にも自然にも優しい果物をお客様に届けたい精神しております。

北條農園 代表 北條 雄三

こだわり

ごあいさつ
ごあいさつ

当園では極力農薬を使わずに果樹を栽培する減農薬を行っております。日々の天候や果樹の状況を細かくチェックし、樹態生命維持に最低限必要な防除をします。
気象条件が揃えば、エコファーマーの規定よりも大幅に減らして防除は行っております。その逆はありえません。

●こだわりの土づくり
貝化石肥料を使い、土中にミネラルが豊富になることで病害虫に強い土を作ります。
またミミズが活発に働けるように有機肥料を使用します。有機肥料の豊富な土はミミズの好物であり、ミミズが土を食べることで栄養豊富な柔らかい土になります。

●除草は手動
園内の除草は除草剤などを一切使わずに乗用草刈機、樹木の根元は人の手で行っています。

●殺虫剤の代わりにコンフューザー
コンフューザーとは害虫となる特定の虫のオスとメスの交信を撹乱させるものです。棒状の針金のような形状で果樹の枝を支える棚と呼ばれる針金に吊り下げて使います。このコンフューザーは人工的に作ったメスの性フェロモンの匂いがし、これらを園内の至る所に設置することによりその匂いを充満させ、オスが本当のメスを探せ出せなくなり、交尾の時期を逃し、その結果次世代の子供が生まれず園内の害虫が減っていきます。
このコンフューザーは直接散布するものではないので、残留性はありません。また虫のあくまでフェロモンであり神経に直接作用するものではありません。

●小まめに手で防除
園内で病気になった果実、アブラムシがついた枝葉を見つけたら・・・どんなにたくさんあろうとも小まめに人の手で取り除きます。農薬を1回散布すればすぐに防除可能です。時間と手間の節約ができます。それでもたった1回の散布を減らすために常に袋を携帯し、病害果などを取り除き園外で処理します。

農園概要

農園名 北條農園
代表 北條 雄三
住所 〒961-0302 福島県白河市東上野出島源兵池3
電話番号 0248-34-2825
FAX番号 0248-34-3119
メールアドレス info@hojonouen.com
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休

直売所のご紹介

農園にはこの看板が目印
農園にはこの看板が目印
畑の直売所
畑の直売所
北條農園農産物直売所
北條農園農産物直売所
北條農園農産物直売所
北條農園農産物直売所
農園での直売 住所 福島県白河市東上野出島字源兵ェ池3
電話番号 0248-34-2825
時期・販売物 米 通年、桃 6月中旬~9月上旬、ぶどう 8月上旬~11月梨 8月中旬~1月下旬、りんご 8月上旬~3月下旬
畑の直売所 住所 福島県白河市東上野出島字谷地前
電話番号 -
時期・販売物 8月1日~8月16日
北條農園農産物直売所 住所 福島県白河市双石下根岸84
電話番号 090-9537-8988
時期・販売物 7月中旬~12月初旬 火曜定休 8:00~17:00(果物・野菜・米・花・加工品)

アクセス